インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

アフィリエイトの歴史

アフィリエイトの歴史

アフィリエイトの歴史を紐解くと、そのビジネスモデルは、アメリカが発祥であると言われています。

Windowsが初めて発売された翌年の1996年、米国Amazon.comが始めたアソシエイトプログラムが、アフィリエイトのそもそもの始まりだという説が有力です。

また、この年、アメリカのLinkShareが、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)としての業務を開始しました。

日本におけるアフィリエイトの始まり

日本では、1999年にアフィリエイトプログラムの提供が始まります。

1996年に設立されたValue Commerce(バリューコマース)は、もともとレンタルサーバーの事業を展開していました。

1998年、バリュークリック社とのライセンス契約により、翌年からクリック保証型のバナー広告の提供を開始しました。

これが日本初のアフィリエイトとなります。
現在も、バリューコマースは日本のASPとしては最大規模の会社となっています。

ASPが次々に設立される

バリューコマースに続いて、次々にASP提供サービスが開始されます。

2000年 (株)ファンコミュニケーションズがA8.net(エーハチネット)設立
2001年 アメリカLinkShare(リンクシェア)と三井物産が業務提携をして日本でLinkShare設立。
2001年 アクセストレード設立。
2001年 トラフィックゲート設立。
2002年 電脳卸設立。
2003年 一億人コム設立。
2003年 楽天市場が楽天アフィリエイト開始。
2004年 GoogleがGoogle AdSense開始。
2005年以降 リーフィ、ネットアライアンス、アドチャンプルなどが続々とASPが設立。

Google AdSenseはコンテンツ連動型の広告を行い、これまでのサービスよりもクリックされる率が高いこともあり、クリック単価が高めになっています。

情報商材のアフィリエイト

アフィリエイトの歴史の中で、情報商材の登場によって新たな展開を見せ始めます。

アフィリエイトサービスの提供が開始されてから、アフィリエイターとして登録する人も続々と増えていきますが、当時はまだ、そのノウハウも確立されていなかったので、誰もが自己流で行っていました。

アフィリエイターは「どのようにしたら稼げるか」という情報を必要としていました。

そこで、アフィリエイトで成功するためのマニュアルを、インターネットで販売する人が現れるようになったのです。
それが情報商材の始まりと言われています。

2006年 初の情報商材ASP「インフォトップ」登場

その後、情報起業のビジネスが急速に広がって行き、2006年には日本初の情報商材ASP「インフォトップ」が誕生します。

インフォトップの誕生で、情報起業家(インフォプレナー)やアフィリエイター人口は増えていきます。

情報商材を売るためには、セールスコピーのスキルが重要となります。
そこで、セースルコピーのテクニックが注目を浴びるようになってきました。

セースルコピーのスキルを身に着けたアフィリエイターたちの中には、アフィリエイトだけではなく、情報商材を作る情報起業家(インフォプレナー)になるものも現れました。

2007年 メルマガアフィリエイト

情報商材アフィリエイターの間では、見込み客が来るのを待つのではなく、メールマガジンで見込み客を囲い込む手法が流行しました。

メールマガジンで読者の興味を持ちそうな内容を配信し続けて、商品に誘導する、あるいは次の商品を紹介するというものです。

2010年 リスティング広告やPPC広告の規制が厳しくなる

情報商材の宣伝のためのサイトやブログは、それまでリスティング広告やPPC広告によって集客し、大きく収益を上げることができていました。

ところが、この頃からGoogleやYahooの広告の審査がとても厳しくなり、広告に頼った集客が難しくなってきたのです。

この時点で、多くのアフィリエイターが脱落したと言われています。

2012年 無料オファーとメルマガアフィリエイトが流行

PPC広告に頼ることができなくなってからは、別の方法が流行しました。

フロントエンドとして無料商材を提供する、あるいは、手厚いサポートを行うなど、ユーザーを引き付けるさまざまなオファーを付けて、集客を行うようになります。

無料オファーは、オファーと引き換えに見込み客のメールアドレスを取得することができます。

そのメールアドレス宛にメールマガジンを発行して、見込み客を少しずつ商品へ近づけていくという手法を行います。

アフィリエイターは、無料オファーにより読者を登録させるだけでも報酬が発生するので、収入を得やすいため、この頃はメルマガアフィリエイターが大幅に増えました。

そして、メールマガジンによるアフィリエイトの中でも「プロダクトローンチ」という手法が盛んに行われるようになりました。

これは、メールマガジンのコンテンツでいきなり商材を直球で紹介するのではなく、何度かのメールマガジンで関連する話題や、まったく別の話題などで読者の興味を引き付けておいて、最後の最後に商品へ誘導するという手法です。

読者は筆者を信頼するようになっているので、商材の購入率が非常に高くなるのです。

アフィリエイターが自身の企画を宣伝する「プロモーションアフィリエイト」

アフィリエイターと言えば、企業の商品やサービス、情報商材を直接の販売者に代わって宣伝をする役目を担っていました。

しかし、この頃から、プロモーションアフィリエイトが流行りだします。
それは、商材を紹介するだけではなく「商材を使って教育する」など、アフィリエイター自身の企画を特典として付けるのです。

この企画の良し悪しで、購入者は購入するアフィリエイターを決定するため、アフィリエイターたちはいかにいい企画を付与するかを競い合うようになります。

同時期、アフィリエイトを学ぶための高額塾も流行します。
実績を上げて成功したアフィリエイターたちは、自身で高額塾を開講するようになります。

メールマガジン、特にプロダクトローンチなどの方法で、顧客を囲い込み、アフィリエイター初心者に向けて、稼げる方法を講義するというものです。

アフィリエイターはもはや商材を宣伝するだけの脇役から主役に躍り出た、と言っても過言ではないでしょう。

トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトとは、世間で話題になっているキーワードを利用する方法です。

自身のサイトやブログにトレンドとなるキーワードを入れた記事を書くと、そのサイトに大量のアクセスが集まりやすくなります。

そして、大量のアクセスが集まれば、そこに貼った広告をクリックしてもらう確率も上がり、そこそこの報酬が得られるので、初心者でも取り組みやすくなっています。

価値のあるコンテンツが生き残る時代へ

かつて、PPC広告に出せば売れた時代がありました。

ところが最近では、特に情報商材において、広告の審査も厳しくなり、Googleは価値のないコンテンツは検索対象除外にするようになり、情報商材ASPの審査も厳しくなってきました。

アフィリエイターも、本当に価値のある商品を適切に宣伝しないと、生き残って行けない時代がやってきたということです。