インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Facebookでアフィリエイトは禁止って本当?稼ぐ方法や仕組みを解説!

アフィリエイトに興味はあるけれど、WEBサイトを作るのはハードルが高い…。そう思っている方におすすめしたいのが、Facebookアフィリエイトです。

Facebookアフィリエイトとは、その名の通りFacebookを利用したアフィリエイトです。

WEBサイトを作るよりはるかに簡単な手間で稼ぐことができる初心者向けのアフィリエイトです。

今回は、Facebookアフィリエイトの方法や、初心者でも稼げるポイントなどをご紹介します。「いいね」をたくさん集めてガンガン稼ぎましょう!

Facebookアフィリエイトとは

Facebookで稼ぐといっても、初心者の方やFacebookをよく知らない方はあまりイメージがわかないと思います。

まずは、Facebookアフィリエイトの仕組みを理解しましょう。

Facebookでアフィリエイトは禁止?

アフィリエイトで稼いでいる方の中にも、Facebookはアフィリエイト禁止だと思っている方が意外と多いです。

しかし、Facebookはアフィリエイト禁止ではありません。

Facebookアカウントは匿名登録が基本な上、1人1アカウントしか持てないという規約があります。そのため、商用利用も基本的には不可です。

Facebookには「Facebookアカウント」と「Facebookページ」の2種類があります。

Facebookアカウントは実名登録で1人1アカウントのみです。

しかし、Facebookページであれば匿名でページが開設できる上、1人何ページでも開設することができます。

Facebookページは多くの企業も導入しており、ユーザーを集客して収益化することが可能です。

Facebookアフィリエイトは、Facebookページ上で集客し、外部ブログなどにアクセスを流してアフィリエイトを行う形になります。

Facebookでアフィリエイトする基本的な方法は?

Facebookアフィリエイトを始めるには、2段階の手順があります。

まずは、Facebookで個人アカウントを開設します。こちらは実名登録が必要で、1人1つしか持てません。

アフィリエイト目的だけで使うのであれば、個人情報は必要最小限で大丈夫です。後からプロフィールの変更や追加も可能です。

個人アカウントの開設が済んだら、Facebookページを作成します。

PC版Facebookは以下のリンクから作成できます。

URL:https://www.facebook.com/pages/create/

アフィリエイトでFacebookページを作成する場合は「ビジネスまたはブランド」の項目を選択します。

必要事項を入力してFacebookページが完成したら、ユーザーから「いいね」を集められるような投稿を行い、外部ブログやWEBサイトに誘導します。

実際にアフィリエイトを行うのはFacebook外になるため、商用利用禁止のFacebookの規約には抵触しません。

ユーザーから「いいね」が集まるほど情報の拡散力が高まり、ブログやWEBサイトよりも簡単にアクセスを集められるのが、Facebookアフィリエイトのメリットです。

実名と顔出しが必要なの?

Facebookは実名登録が基本ですが、Facebookページを作る際は匿名でも問題ありません。

実名が必要になるのは、Facebookに個人アカウントを開設する最初の段階のみです。もちろん、顔出しもする必要はありません。

ただし、ブロガーなど個人の影響力を利用したアフィリエイトをしたいなら、実名登録や顔出しをしたほうが、アフィリエイトの効果が上がる場合もあります。

Facebookアフィリエイトをするのに実名も顔出しも必要ありませんが、自分の稼ぐスタイルに合わせて実名や顔を公開するかを決めればいいでしょう。

Facebookアフィリエイトの方法

Facebookアフィリエイトで稼ぐ方法は、大きく分けて2パターンあります。

どちらも「いいね」を稼いで外部リンクに誘導するのは同じですが、匿名か実名かで稼ぎ方が異なります。

世界約10億人のユーザーがいるFacebookを活用して、アフィリエイト収入を手に入れましょう!

方法① Facebookページを活用して匿名で稼ぐ

Facebookページを利用して匿名で稼ぐ方法は、Facebookアフィリエイトの主流です。

国内外の企業なども、Facebookページを活用してユーザーを集客し、自社のアピールや収益に繋げています。

Facebookページにユーザーの興味を引くような魅力的な投稿をして「いいね」がたくさん付くと、ページの評価が上がります。

匿名のFacebookページで収益を上げるには、「いいね」やシェア数を増やすのがもっとも重要なポイントです。

ユーザーからの評価が高まるほど、記事がユーザーの目に触れる機会が高まり、集客力に繋がるからです。

方法② 実名を公開して信頼度で稼ぐ

Facebookで実名を公開して稼ぐ方法は、すでに外部ブログやSNSで知名度がある人におすすめです。

自分のネームバリューや信頼が大きければ大きいほど、集客力は高まります。

個人アカウントでアフィリエイトをする時に気をつけたいのが、あまり商業的な内容を投稿し過ぎないということです。

ユーザーからみても、宣伝ばかりのアカウントは面白みがありません。

文章だけの投稿ではなく、写真や動画を入れることで、広告らしさがなくなり、自然な雰囲気でユーザーの誘導に繋がります。

Facebookは個人の交流が目的のSNSなので、個人アカウント上での過剰なアフィリエイト投稿は、削除やアカウント停止の対象となります。

実名アカウントでアフィリエイトをする際は、自分の影響力を高めることに注力しましょう。

Facebookアフィリエイトはメインの収益になる?

Facebookアフィリエイトは、「いいね」を集めて集客し、クリック課金型広告に誘導するのが基本です。

初心者でも比較的簡単に稼ぎやすく難易度は低いですが、Facebookアフィリエイトだけで十分な収益を得るのは難しいでしょう。

その理由は2つです。
まず、Facebookアフィリエイトは、Twitterなどと同じSNSアフィリエイトなので、いつ運営側の規約変更やシステム変更があるかわかりません。

今はFacebookページを使ったアフィリエイトが成り立っていますが、運営の方針次第である日突然稼げなくなることもあるからです。

また、現在のFacebookアフィリエイトの稼ぎ方は、Facebookページを通して外部のアフィリエイトリンクに誘導します。

Facebookで集客するには「いいね」などの評価が絶対に必要です。

Facebookアフィリエイトの方法自体は簡単ですが、収益を高めるにはそれなりに工夫が必要になります。

しかも規約変更などのリスクがあるため、安定性に乏しいのが難点です。

Webサイトでのアフィリエイトでは、サイトに労力をかけた分だけ収益が増加します。

しかし、Facebookアフィリエイトは簡単に稼げる反面、多くの収益を上げるのには適していません。

これが、Facebook単体ではアフィリエイト収入を得るのは難しい理由です。Facebookアフィリエイトはサブ収入として考えるのがいいでしょう。

初心者がFacebookアフィリエイトで稼ぐには

Webサイトでのアフィリエイトはキーワードを選定し、キーワードに合わせた記事を書きますが、Facebookアフィリエイトは、記事のジャンルにこだわる必要がありません。

Webサイトアフィリエイトが、キーワードで狙ったユーザーを集客するのに対し、Facebookアフィリエイトは、不特定多数に閲覧してもらうのが基本です。

そのため、最も旬のネタがアクセスを集めやすいので、「バズる」ネタを探して記事にしましょう。

Facebookアフィリエイトは質より量で稼ぐイメージです。

ネタ系、ゴシップ系、ニュース系など、アクセスを集めやすいネタのページを増やしましょう。

コツを掴めば、Facebookアフィリエイトだけで月10万円の収入も夢ではありません。

まとめ

Facebookアフィリエイトは、初心者でも手軽にチャレンジできるアフィリエイトです。

メイン収入源にするには少々物足りないものの、サブ収入源にするには最適のアフィリエイトです。

すでに持っているWebサイトと組み合わせて集客をはかったり、自分の知名度アップを狙うなど、使い方次第で様々な効果が期待できます。

是非、新しいアフィリエイト収入のひとつとして、Facebookアフィリエイトにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

[記事公開日]2018.10.23
[最終更新日]2018.10.25
[ライター]首藤