インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

PPCアフィリエイトでのキーワード選定のやり方と選ぶ基準について

PPCアフィリエイトにおいて、キーワード選定は非常に重要なポイントです。

キーワード選定を誤ると、中々成果が出ません。キーワード選定は、ユーザーがどんなキーワードで検索するかを良くリサーチする必要があります。

今回は、PPCアフィリエイトでのキーワード選定のやり方と選ぶ基準について、わかりやすく解説をしました。ぜひ参考にしていただき、成果を挙げていただければと思います。

PPCアフィリエイトでのキーワード選定のやり方

PPCアフィリエイトにおいて、キーワード選定のやり方はいくつかあります。中でも、成約率(CVR)が高いキーワードを選定することが非常に重要です。

1. CVRが高いキーワードを選定するために

キーワードには、「検索数が高いキーワード」と「検索数が低いキーワード」の2つが存在します。

前者は検索数が多いので稼げるキーワードですが、ライバルが強い傾向にあり、法人などが強力なサイトを作っているケースがあるので、避けたほうが良いでしょう。

Yahoo!プロモーション広告の場合は、「品質インデックス」という広告の品質を評価するシステムがあり、資金力のある法人などがライバルだと「品質インデックス」が低くなります。

そして広告単価が高くなってしまうので「検索数が高いキーワード」はおすすめできません。

後者の「検索数が低いキーワード」は、ライバルが少なくサイトの上位表示が比較的容易ですが、集客面で厳しいという側面があります。

理想は、広く浅いキーワードよりも、狭くてニッチでも良いので、購買意欲が高い人が検索するようなキーワードを選ぶということになります。

2. 狭くてニッチでニーズが高いキーワードとは?

キーワードには、主に下記の3種類のキーワードがあります。

  1. 固有名詞キーワード
  2. ジャンルキーワード
  3. ユーザーが連想して思い浮かべるキーワード

この中で特に3.のユーザーが連想して思い浮かべるキーワードを考えて、キーワードを選定していきます。

例えば「海外旅行」というジャンルのキーワードであれば、Yahoo!検索すると下部に「海外旅行」に関連したサイトが表示されます。

「ホテル検索サイト」「航空券予約サイト」「海外保険サイト」「海外旅行WiFiサイト」などがそれにあたります。

もし「ホテル予約サイト」のアフィリエイトをするとしたら、まずはユーザーがどんなキーワードで検索するか、仮説を立ててみましょう。

例えば米国に旅行する人をターゲットにするのであれば、「ホテル予約サイト 米国」や「ホテル予約サイト カリフォルニア」などが連想できます。

さらに「ホテル予約 カリフォルニア クーポン」とか「ホテル予約 ラスベガス キャンペーン」などで検索するかもしれません。

これらが、狭くてニッチで、ユーザーのニーズが高いキーワードとなります。

3. 3語以上の複合キーワード

特に3語以上の複合キーワードはおすすめです。

2語だとユーザーの検索するキーワードと完全一致することが多いですが、ライバルも多くなるので広告単価が上がってしまい、結局報酬が発生しても赤字になるケースがあります。

3語以上で部分的にユーザーの検索キーワードと一致するようにすると良いでしょう。

固有名詞やジャンルのキーワードに「地名」や「資料請求」、「サンプル」などのキーワードを加えて、検索をかけて調べてみましょう。

4. 展開キーワードを上手く活用する

展開キーワードとは、メインとなるキーワードに地名や駅名などを加えた複合キーワードを指します。

種類としては以下があります。

  1. 市町村名
  2. 県庁所在地名
  3. 海外のエリア、町の名前
  4. 車やバイクの車種名
  5. パソコンやスマホの名前
  6. 品番や型番
  7. ドラマや映画のタイトル名

などが挙げられます。

例えば「転職サイト 東京」とか「トレーニングジム 東京足立区」などがこれらに該当します。

5. ずらしキーワードを活用する

ずらしキーワードとは、例えばダイエットサプリを販売する際に「ダイエットサプリ 口コミ」というキーワードではなく、「洋服が入らない 解決方法」などの少し切り口をずらしたキーワードになります。

上述の例で言えば、「ダイエットサプリが欲しい人」をターゲットにしているというより、「洋服が入らなくて困っている人」をターゲットにしているわけです。

アフィリエイトにおけるキーワード選定ではよくある手法です。ずらしキーワードは発想次第で売れるキーワードが出てきますが、センスや経験が必要な側面もあります。

上手く使いこなせれば、ライバルが少なくて済み、利益率もあがるのでオススメの手法です。

6. 無駄なクリックを減らす

PPCアフィリエイトはユーザーがクリックするごとに課金されるので、なるべく無駄なクリックを減らすことが、コスト削減につながり利益が増えます。

そのためには「購入する意欲が高いユーザー」だけにクリックをしてもらうことが重要で、商品名や商標名をキーワードを選ぶのが一番なのですが、現在ASP側も規制しています。

ですので、例えば「サプリメント」をアフィリエイトするのであれば、「売れ筋 サプリメント 価格」とか「ダイエットサプリ 購入」などのキーワードを選定すれば、比較的購買意欲が高いユーザーに絞ることができるでしょう。

価格や購入というキーワードで検索している人は、購買意欲が高いといえます。

またYahoo!プロモーション広告の機能として、「除外キーワード」といって、成約にあまり結びつかないキーワードを除外することができます。

例えば、「サプリメント 詐欺」とか「サプリメント 効果ない」など成約とは関係のないキーワードを登録することで、無駄なクリックを減らすことが可能です。

7. 実際にテストをしてみる

確実なのは、一旦3語以上のキーワードで実際にいくつかテストをしてみることです。

例えば、上述の「ホテル予約サイト」であれば「ホテル予約 カリフォルニア クーポン」とか「ホテル予約 ラスベガス キャンペーン」、「ホテル予約 ロサンゼルス 激安」などの候補となるキーワードを、実際に広告を出して成約率を見てみましょう。

そして、広告費と利益を見て一番良かったものに、さらに出稿費用を投入をしていきます。慣れてくれば、テスト回数も少なくすみますので、一旦は自分の予想と実際の市場の反応の差を見てみましょう。

ただし予想の段階でも検索数などはしっかりと調べておき、テストでは出稿費用を低めに設定しましょう。

まとめ

PPCアフィリエイトでキーワード選定のやり方は色々な方法があります。

初心者は商品名や商標ワードがOKな案件を狙い、キーワードを選定したいところですが、これはライバルも強く、出稿費がかさむリスクもあります。

その中でも3語以上の複合キーワードで攻めるのは基本的な手法といえるでしょう。また「ずらしキーワード」や「展開キーワード」も効果的に活用したいところです。

ライバルサイトも研究し、自分が勝負しやすいキーワードで取り組んでいきましょう。

[記事公開日]2018.04.28
[最終更新日]2018.06.06
[ライター]ワカさん