インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

PPCアフィリエイトを始めるためにいくら予算を準備すればいいの?

PPCアフィリエイトを始める際には、ある程度の広告予算が必要だといえます。

いうまでもなく、予算がゼロだとPPCアフィリエイトを始めることはできませんが、3,000円という少額から始めることは可能です。

広告予算についてもっと詳しく知っておくことは、利益を出すために非常に重要ポイントといえます。

今回は特に初心者向けに、PPCアフィリエイトを始めるためにいくら予算を準備すればいいのか、利益を出すための広告予算の考え方などについてくわしく解説していきます。

ぜひ参考にしていただき、PPCアフィリエイトを攻略していきましょう。

PPCアフィリエイトを始めるためにいくら予算を準備すればいいのか?

PPCのアフィリエイトを始めるための予算についてですが、結論からいうと、いくら準備しなければいけないという決まりはありません。

1万円しか投入できないという人でも始めることができますし、10万、20万円と最初から投入することももちろん可能です。

PPC広告は、何十万円という膨大な広告予算がかかるわけではなく、低価格の予算でも始めることが可能です。

ユーザーがクリックをした分だけ課金されるシステムになっているため、広告の掲載だけでは課金されません。ユーザーが1クリックした時の単価も自分で決めることが可能です。

しかし、自分が設定した上限金額よりライバルが高めの金額を設定した場合は、広告が掲載されないケースもあります。

PPC広告の特性を知り、報酬額と合わせて利益が出るように広告予算を決めていきましょう。

稼ぎたい金額と同じ金額を準備?

PPCアフィリエイトは基本3,000円からスタートできるといわれていますが、3,000円では報酬額を考慮すると、利益はそこまで期待できません。

全くの初心者で、実験したいという方には良いかもしれませんが、月10万円や20万円を目指したい、会社の給与と同等の収入を得たいという方には、数千円では少ないといえます。

あるアフィリエイターの意見としては、稼ぎたい金額と同等の広告費を準備しておくことがベストという話もあります。

いきなりは無理だとしても、最低でも2~3万円程度はあった方が、効果が実感できるかもしれません。

PPC広告は、予算に合わせた広告費を設定できる

PPC広告は、予算を設定することができ、設定した予算以上の費用が使われることはありません。

Yahoo!スポンサードサーチの場合、1日の予算を設定すれば、予算に合わせて広告の表示を勝手にコントロールしてくれます。

例えば月の予算が2万円だとすれば、月31日計算で1日644円の予算ということになります。当然ですが、予算が少なければ、その分広告の表示は少なくなります。

PPCアフィリエイトの利益の考え方

PPCアフィリエイトにおいて、利益の考え方は単純です。

報酬額―広告費(クリック単価×クリック数)=利益額となります。

例えば、商品の報酬額が2,000円で、クリック単価が20円、30クリックで1つの商品が売れたとすると広告費は600円になり、利益は1,400円ということになります。

しかし、計算では単純ですが、「クリック単価をどうするか?」「商品の成約にはどれくらいのクリック数が必要か?」「サイトをどのようにするか?」など、いろいろと考慮する必要があります。

この辺は経験値が必要だといえますし、初心者は最初から予想通りにはいきません。やりながら改善していくしか方法はないといえるでしょう。

広告費が報酬額を上回ることもある

初心者は、広告費の上限を設定しないと、広告費が報酬額を上回るケースもあります。

売れる商品とそうでない商品はやってみないとわからないケースが多いので、予算は決める必要がありますが、最初はある程度赤字覚悟で、色んな商品に広告を出してみるというもの手です。

経験値が上がってきたら、どの商品はどれくらい売れるというのがわかってくるので、テストを繰り返して、自分の得意な商品を見つけていきましょう。

初心者がPPCアフィリエイトに取り組むのは少し障壁が高いといわれているので、もし成果が出ればライバルより1歩先に行けます。ぜひトライアンドエラーを繰り返してみてください。

広告費の支払い方法は?

PPC広告の支払い方法は、媒体によって「前払い」と「後払い」があり、Yahoo!プロモーション広告の場合は、「前払い」になっています。

初心者の方であれば、「前払い」で事前に支払を済ませておいた方が安心です。

後払いだと、発生した広告費を後から支払うことになるので、上限予算をしっかりと設定していれば問題ありませんが、うっかりと設定を忘れていた場合には予算を超えてしまうケースもあります。

入金方法も銀行振込からカード決済まで様々ありますので、自分の都合が良い方法で行いましょう。

広告予算を効率よく使うために

限られた広告予算を効率よく使うためには、いくつかポイントがありまして、改善には主観を入れずに客観的に数字を見ていくことです。

主観だけでは、広告予算を効率的に運用できず、利益を最大化することはできません。以下に基本的な部分をまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

データを取って可視化する

初心者は中々最初から難しいかもしれませんが、利益を最大化しているアフィリエイターは、これを必ずやっています。

誘導率や成約率、クリック数、PV数などの数値を客観的にみて、どれを改善して、どれを継続していくかを分析してみましょう。

また、キーワード選定も非常に重要です。そもそもキーワード選定が誤っていると、いくら広告予算を上げても利益が上がりません。

誘導率をチェックしてみる

誘導率とは、LPから商品リンクをクリックして、販売ページに飛ぶ割合を意味します。誘導率をしっかりと計測しているアフィリエイターは多くないといえるでしょう。

広告をクリックしている数は多いのに、誘導率が悪いとなるとサイトに問題があるかもしれません。

目安として、いますぐ欲しい客をターゲットに商品名や商標キーワードを使うのであれば、誘導率は50%から60%、いますぐ客以外で関連キーワードであれば、20%は欲しいところです。

せっかくユーザーが広告をクリックしているのに、途中でページを離脱しているのであれば、改善する必要があります。

CVR率が悪い場合

広告のクリック率や誘導率が悪くなく、CVR率(成約率)が悪い場合は、キーワードを見直してみたり、商品案件を見直す必要があります。

またLPを変えるだけでも大きくCVRが改善するケースがあります。CVRの目安は、案件の種類によって違います。

一般的には、物販系は2〜5%、無料オファーであれば7〜10%程度が目安になります。ASPに問い合わせれば、案件ごとに平均CVRを教えてくれるケースがあるので確認してみましょう。

せっかく広告予算を投入しても、最後の成約でつまづいては意味がありません。

クリック率が悪い場合は?

クリック率は、広告が表示された回数に対して、ユーザーのクリックした割合です。

クリック率が低いと、サイトへのアクセス自体も減りますし、広告の評価が下がるので、平均クリック単価も高くなります。

これは広告文に原因があるか、掲載順位が低い可能性が高いです。広告文はさらに魅力的な文章を心がけ、掲載順位が低ければ、今よりクリック単価を上げるという策が考えられます。

品質インデックスが低い

品質インデックスとは、Yahoo!側が決める広告の品質を表す数値です。10段階で評価され、1が最低評価、10が最高評価になります。

品質インデックスが高ければ、広告費用も安く表示されやすくなります。品質インデックスはどういう基準で評価されているのかというと、ユーザーにとって有益な広告かどうかに尽きます。

細かく分ければ、以下の要素が評価されているといわれています。

  1. 広告のクリック率
  2. キーワード、広告、サイトの一貫性
  3. アカウントの全体的な品質

3のアカウントの全体的な品質は、こちらから見ることはできませんが、Yahoo!が管理しています。

例えば、規約違反をしていたり、質の悪い広告を出し続けて改善しなかったりすると、アカウントの品質が落ちます。

このように品質インデックスも、広告予算を効率的に運用するためには重要な要素なので、定期的に見直して改善していきましょう。

まとめ

PPCアフィリエイトにおいて、いくらから始めることができるかについては、最低3,000円から始めることができますが、必要な予算については個人の稼ぎたい金額によります。

利益を大きく出したいという人や会社を辞めて独立をしたいという人は、それなりの額を投入する必要があります。

利益を大きく出したい人は、どんなキーワードでどんな商品が売れるのかをある程度テストをして、トライアンドエラーを繰り返して見つけることが大切です。

また成約率やクリック率、誘導率、品質インデックスのデータを可視化して、少しずつ改善し、予算を効率的に運用することも重要です。

[記事公開日]2018.05.28
[最終更新日]2018.06.17
[ライター]ワカさん