インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

PPCアフィリエイトとは

PPCアフィリエイトとは

アフィリエイトを手法別に分けてみると下記のような種類があります。

  • PPCアフィリエイト
  • トレンドアフィリエイト
  • 物販アフィリエイト
  • 情報商材アフィリエイト
  • 自己アフィリエイト

PPCアフィリエイトとは?

PPC(pay per click)広告とは

PPCアフィリエイトは、「PPC広告」と呼ばれる広告を利用して稼ぐ、アフィリエイト手法の一種です。

広告費用はかかりますが、ユーザーの目に触れる場所に広告を出すので、稼ぎやすいアフィリエイトといわれています。

PPC広告とは?

PPC広告というのは、GoogleやYahoo!で検索した時、検索画面の上部に表示される広告の事です。一見すると他の検索結果と変わらない形式で表示されます。

本来の検索順位1位よりPPC広告の方が上位に表示されるため、ユーザーのクリックを促すことにつながるという大きなメリットがあります。

PPC広告は、クリック課金制になっており、1クリックいくらで料金が発生します。つまり、広告を掲載しても、クリックされなければ料金はかかりません。

広告費も数千円から導入できるので、個人でも利用しやすい広告媒体として人気です。

PPCアフィリエイトの仕組み

PPC広告を利用して自分のサイトに訪問してもらい、商品やサービスを購入してもらってアフィリエイト収入を得るのが、PPCアフィリエイトです。

普通のアフィリエイトでは、SEO対策などを駆使して検索順位を上げ、ユーザーにサイトを訪れてもらってアフィリエイト収入を得ます。

PPCアフィリエイトは、PPC広告を出稿することで、面倒なSEO対策による集客の手間を省いて、アクセスを集めるという仕組みです。

SEO対策に頼ったサイトは、確実に検索上位に表示されるとは限りませんが、PPC広告を出稿すれば、確実にページ上部にサイトを表示させることが可能です。

費用対効果が高いアフィリエイト手法のひとつで、初心者でもすぐにチャレンジできるのが魅力です。

PPCアフィリエイトのメリット

PPCアフィリエイトのメリット

(1) 質の良いアクセスが集まりやすい

PPC広告は、ユーザーが検索したキーワードをもとに表示されるため、リンク先のページに来てくれる確率が高く、質の良いアクセスが集まりやすくなっています。

(2) 検索順位を気にしなくてもよい

Googleは頻繁にアルゴリズムを変更し、その結果、検索順位が大きく変わることがありますが、PPC広告であればその心配はありません。

(3) 一度掲載すれば、サイトへの誘導はPPC広告任せにすることも可能。

費用はかかりますが、集客はPPC広告に任せることができるので、あとはユーザーが来てくれるのを待つだけになります。

もっとも、最近ではペラページと言われるような簡単な画像とボタンだけのようなページでは審査に通りにくいため、しっかりしたサイトを作っておくことは言うまでもありません。

(4) 報酬が発生するまでの時間が短い。

PPCアフィリエイトは、広告が表示されればすぐにアクセスがある可能性が高いため、通常のサイトアフィリエイトなどに比べて、報酬が発生するまでの時間が短くなっています。

PPCアフィリエイトのデメリット

PPCアフィリエイトのデメリット

(1) 広告経費がかかる

クリック課金ですから、広告費を一度払えばいいということではなく、クリックされるごとに、課金されます。クリックだけされて、購入してもらえなければその単価分は捨てたことになります。

ですから、クリックされたら購入してもらえるようなサイトにしておく必要があります。

コピーライティングやセールスコピーを駆使して、見やすい画像の使用、購入に至りやすい流れなどに十分気を配ったサイトを作っておきます。

ただし、検索目的ではない同業他社や心ないユーザーにより、いたずらに広告が何度もクリックだけされてしまい、課金されてしまうことがあります。

これは、今のところ有効な解決策はありませんので、念頭に置いておく必要があります。

(2) 審査が厳しい

最近ではPPC広告掲載の審査が厳しくなっていて、ペラページでは審査は通りにくく、しっかりしたコンテンツを作る必要があります。

特にアドワーズは、独自コンテンツのないアフィリエイトサイトや稼ぐ系の情報商材は、ほぼ審査に通りません。

また、利用規約に違反するとすぐアカウントが停止になってしまいます。

このため、最近では、アドワーズは一般のビジネス向けに利用されることが多くなり、PPCアフィリエイトは、ヤフーのスポンサードサーチを利用するのが主流となっています。

(3) ビッグキーワードはライバルが多く、単価も高いためなかなか広告を出しにくい

ビッグキーワードで幅広く集客をしたい気持ちはわかりますが、できるだけ避けたほうがよいでしょう。

ライバルが多く、キーワードの単価がとても高いからです。

ただし、スモールキーワードにする場合、その選定を間違えると大きなアクセスは望めませんから、キーワード選定スキルが必要となります。

PPCアフィリエイトはどんな人に向いている?

PPCアフィリエイトはどんな人に向いている?

PPCアフィリエイトは、広告費をかけることで手っ取り早く稼ぐ手法です。そのため、普通はアフィリエイターに向いていないとされる人ほどおすすめしたい手法です。

どんな人が向いているのか、具体的にまとめました。

忙しくてSEO対策の時間が取れない人

SEO対策は、アフィリエイトの基本です。検索順位を上げるために、キーワード選定やコンテンツの充実など、さまざまなSEO対策が必要になります。

サイトを上位表示させるため、多くのアフィリエイターが日々SEO対策に励んでいます。

しかし、PPCアフィリエイトは、広告を出稿するだけで上位表示されるので、サイト作成にかける時間がないという忙しい人にピッタリです。

アフィリエイト初心者

「SEO対策って何?」というくらいのアフィリエイト初心者でも、PPC広告を出稿すれば簡単にアクセスを集めることができます。

もちろん売れるサイトを作れるスキルは必要ですが、アクセスアップに関する手間を省けるのは、大きなメリットです。

初心者にとって最大の壁となるSEO対策を、PPC広告の力で効率化できるのは、非常に助かります。

とにかく手軽に稼ぎたい人

PPCアフィリエイトの良いところは、集客にかける手間を最大限に省けることです。売るためのペラサイトを作ってPPC広告を出せば、それだけでPPCアフィリエイトは完結します。

普通のアフィリエイトと比べて、作業を大幅に簡略化できるので、少ない労力で手軽に稼ぎたいという人には向いています。

普段の生活でも、同じ距離を移動するなら、お金がかかっても電車より飛行機を利用したいと思うような人は、PPCアフィリエイトで効率よく稼ぎましょう。

広告費をかけられる余裕がある人

PPCアフィリエイトには出稿料がかかります。広告費は自分で調整できますが、広告を出稿できるだけの余裕がないと、PPCアフィリエイトは続けられません。

PPCアフィリエイトで効率よく稼ぐには、どれだけ広告費がかけられるかもポイントとなります。お金に余裕があるなら、たくさんPPC広告を出稿して稼ぐというやり方もおすすめです。

PPCアフィリエイトの始め方

PPCアフィリエイトの始め方

PPCアフィリエイトは、初心者でも簡単に始めることができるアフィリエイト手法です。PPCアフィリエイトの始め方を簡単に解説します。

広告出稿のためのアカウントを取得する

PPCアフィリエイトの基本は、広告を出稿することです。Yahoo!やGoogleなど、PPC広告を掲載したいプラットフォームのアカウントを作りましょう。

ASPに登録する

アフィリエイトをするためには、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)に登録することが必要です。有名どころだと、A8.netやバリューコマースなどがあります。自分が紹介したい商品やサービスを提供しているASPに登録しましょう。

アフィリエイト商材を選んでサイト作成

ASPに掲載されている案件の中から、アフィリエイトをするための商材を選びます。

PPCアフィリエイトで選んだ商材を紹介するためのサイトは、ランディングページ(LP)と呼ばれる1ページの長いサイトがよく使われます。

PPC広告を出稿

Yahoo!やGoogleなどの各プラットフォームにPPC広告を出稿すれば、PPCアフィリエイトは完了です。あとは、広告効果を見ながら適宜メンテナンスをするだけでOKです。

※PPCアフィリエイトの始め方について、こちらの記事でも詳しく解説しています。
⇒初心者のためのPPCアフィリエイトのやり方・始め方について