インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

SPFレコードとは?SPFレコードの設定方法

SPFレコードとは?SPFレコードの設定方法

メールマガジンを配信している方のお悩みの一つに、不達率が高いということがあります。

メールマガジンの宛先が正しいアドレスであっても届かない、あるいは、迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう場合があり、そうなると、メルマガの読者に気付いてもらえないことになってしまいます。

今回は、メールマガジンの不達率を改善する「SPFレコード」の設定方法についてご紹介します。

SPFレコードとは?

SPF (Sender Policy Framework)レコードとは、メールマガジンが不達になる原因の一つ「なりすまし」だと思われてしまうのを回避するシステムです。

正しいメールアドレスに送っているはずなのに、不達になる、あるいは、受信側の迷惑メールフォルダに入ってしまうことがあります。

それは、メールマガジンを受け取る側のサーバーが、受け取ったメールマガジンを「なりすまし」つまり、スパムメールと判断してしまっている可能性があるからです。

そもそもなりすましとはどのようなこと?

なりすまし、というのは、本来の送信者でないメールアドレスでメールが送られてくることを言います。

よく、自分自身のメールアドレスから見知らぬメールが送られてくることがありませんか?これも、なりすましの一つです。

メール送信には、SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)というプロトコルが使用されます。

このプロトコルは、メールの差出人のアドレスを自由に設定することができてしまうのです。ですから、送信元を別のメールアドレスに偽って送信することも可能です。

自分のメールアドレスから送られてきたら、「何だろう?」と思って、つい開いてしまうこともあるでしょう。そうしたことを狙って偽装されたものです。

その他にも、正規のメールアドレスによって、詐欺やウイルスメールなどの送信元を特定されないために、送信元を隠す目的で「なりすまし」が行われることもあります。

SPDレコードの設定で迷惑メールフィルターを回避する

メールマガジンは、メール送信サーバーと送信者のメールアドレスが異なることが多いので、偽装メールアドレスつまり「なりすまし」と判断されてしまうことがあります。

偽装でないメールマガジンが迷惑メールフィルターにひっかかってしまうことがあるので、その対策としてSPFレコードというものを設定します。

SPFレコードとは簡単に言えば、「送信元となるメールアドレスは偽装されたものではない」ことを証明する仕組みのことになります。

SPFレコードはDNSを利用した仕組み

SPFレコードは、DNSの設定に1行付け加えるだけの簡単なものです。

ドメインを管理する会社で設定するものですので、独自ドメインでしか設定することはできません。

つまり、差出人となるメールアドレスが、フリーメール(YahooやGmail)やプロバイダーのものである場合は、設定することができません。

SPFレコード設定をすべき理由

メールマガジンが読んでもらえるかどうか、という以前に、まずは正常に届くことが大切です。

メールマガジンが不達や迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう理由はいくつかあるのですが、まずはその対策として、SPFレコードを設定しておくことをお勧めします。

メールマガジンを配信する際は、多くの場合、メールマガジンを配信するサーバーと、送信者となるメールアドレス(独自ドメイン)のサーバーが異なります。

そのために、迷惑メールフィルターに「なりすまし」と判定されてしまうことがあるのです。

メールマガジンを一斉送信して、何十、何百通も不達になってしまう、迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう、というような場合は、プロモーション自体の効果も落ちてしまいますから、それは避けたいものです。

SPFレコードの設定方法

SPFレコードは、ドメインを管理している会社で設定を行います。ですから、会社によって若干操作方法が異なりますが、やるべきことは同じです。

どこで設定するか?

メールアドレスを管理している「お名前.com」、「ムームードメイン」などのドメイン管理会社で設定します。

会社によって、設定のフォームの項目名が若干異なっていることがあります。

どのように設定するか?

DNSの設定に、TXTレコードとして、次の1行を追加します。(送信者のメールサーバーと、メールシステムのメールサーバーを紐づけるイメージです。)

V=spf1 ip4:●●●.●●●.●●●.●●● include:■■■.■■■.■■■.■■■ ~all

●●●.●●●.●●●.●●●の部分には、使用しているメールサーバーのIPアドレス(ドメイン名)が入ります。

■■■.■■■.■■■.■■■の部分には、メールシステムのIPアドレス(ドメイン名)が入ります。

例えば 、ムームードメインでの設定では、下記のような入力フォームがあります。

種別の所は、TXTを選択します。

設定する上での注意事項

SPFレコードの設定する際、1字1句正しく記述されていないと動作しませんので、記述する際の注意点をいくつか挙げておきます。

1) SPFレコードが複数行になってしまっていないか注意しましょう。
2) 半角の空白が的確に入っているか確認しましょう。
3) スペルは正しいか確認しましょう。
4) IPアドレスやドメインが正しいか確認しましょう。
5) 機構(ip4など)が正しいか確認しましょう。
6) バージョンの書き方が正しいか確認しましょう。
SPF1というバージョンを書く場合、spf1.0など小数点にしてはいけません。

SPFレコードが設定されている確認方法

SPFレコードが正しく設定できていなかった場合でも、特にエラーになるわけでもありませんので、気づきにくいこともありますが、正しく認証できているかどうかチェックすることは可能です。

SPFレコードを確認するオンラインサービスはいくつかありますが、そのほとんどが英語のサービスですので、ここではわかりやすいように日本語のサービスをご紹介します。

⇒nslookup(dig)テスト【DNSサーバ接続確認】

こちらのサービスで

■ホスト名:メール配信システムのホスト名かIPアドレス
■オプション:TXT:テキスト情報

を入力して 「dig実行」ボタンをクリックします。
その結果

V=spf1 ip4:●●●.●●●.●●●.●●● include:■■■.■■■.■■■.■■■ ~all

というように、設定したSPFレコードが表示されれば、正常に設定できています。

SPF設定をしてもメルマガの反応が悪いときに見直すべきポイント

SPFレコードを設定したにもかかわらず、メールマガジンの反応が悪いという場合があります。

SPFの設定をしても反応がよくない場合は、メールマガジンの内容を見直してみることをお勧めします。

内容が読者の興味を引くような内容になっているか、売り込み一辺倒になっていないか、ターゲットと内容が合っているかなどを再度見直してみるとよいでしょう。

まとめ

メールマガジンがプロモーションとして有効に活用されるためには、まずはユーザーに「届く」ということが大前提です。

せっかく、メールマガジンの読者の数が増えても、不達や迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうために読まれていない、というのはもったいない話です。

メールアドレスは正しいものであるのに、メールマガジンが不達になる原因の多くは、メルマガシステムの配信サーバーと、送信元のメールサーバーが異なるために、なりすましと判断されてしまうことによるものです。

これを防ぐには、SPFレコードを設定することです。SPFレコードは、ドメイン管理会社で設定を行い、設定した後は正常に認証できているか確認を行ってください。

SPFレコードを設定しても、メールマガジンからの反応が今一つという場合は、コンテンツを見直すことをお勧めします。

[記事公開日]2019.01.28
[ライター]natsu