インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

トレンドアフィリエイトにおすすめの1記事に必要な文字数は?

トレンドアフィリエイトにおいて、最初の段階でサイトの記事を量産することは必要になってきます。では、一体1記事どのくらいの文字数が必要なのでしょうか?日々の作業の効率を考えると、文字数は明確にしておきたいところです。

今回は、トレンドアフィリエイトにおすすめの1記事の文字数や記事について解説をしていきます。

トレンドアフィリエイトの記事に必要文字数とは?

トレンドアフィリエイトの記事の文字数については、人それぞれ意見が違います。最低でも1,000文字という人もいますし、1,500文字という人もいます。中には、文字数は関係がないというアフィリエイターもいます。

では、そもそも必要文字数とは何でしょうか?

トレンドアフィリエイトに限らず、アフィリエイターにとって重要なのは「記事を読んだユーザーに満足してもらい、広告をクリックまたは、商品購入のアクションを起こしてもらうこと」です。

そのためには、サイト自体がユーザーや検索エンジンから評価されなければいけません。

サイト自体が評価されれば、必然的に検索上位にサイトが表示され、ユーザーも訪問しやすくなります。まずこの点をしっかりと押さえておくべきでしょう。

上位表示のためには文字数は関係ない?

これは、結論から言えば、関係がないということになりますが、関係ないからといって300文字程度で上位表示されるのかといえばそうではありません。

重要なのは、「ユーザーの悩みや欲求が解決できる内容かどうか?」が重要です。これは、Googleの理念を見ればこれは明白です。

Googleは、「ユーザーに焦点を絞ることで、すべてのものは後からついてくる」という理念を持っています。よって、ユーザーさえ満足させることができれば、サイトが評価され、アフィリエイトの成果も出てくるといえます。

「Googleのアルゴリズムは、文字数は多ければ評価されるというものは存在しない、ユーザーの検索意図に合っていて、他のサイトより優れていれば評価される。文章の長短や画像の量などは好きにして良い」

これは、GoogleのオンラインQ&Aで、文字数と上位検索の関係性について、ウェブマスタートレンドのミューラー氏がこのような内容を述べています。

ユーザーのニーズによって文字数は変わる

例えば、「新築 購入 ローン」というキーワードで検索した人は、詳しい情報を求めている場合が多いでしょう。ローンの方法や購入の手順など、ある程度の文字数は必要になります。

しかし、「東京 天気」などのキーワードでは、天気の情報や、傘が必要かどうか、湿度や紫外線などの情報があれば十分で、そこまでの長文は不要です。

トレンドアフィリエイトにおいても、同様の考えが必要になるといえるでしょう。

ライバルサイトをチェックする

では、目安となる文字数はどのように考えればよいのでしょうか?それはライバルサイトをチェックすればわかります。

すでに上位表示されているサイトはユーザーに評価され、Googleにも評価されているコンテンツです。

その文字数を見て、「この点はわかりにくい、情報が足りない、この点は余計だ」と判断して、自分のコンテンツの文字数に反映させていくと良いでしょう。

これさえ明確になれば、ライバルサイトより優れたコンテンツ作成が可能になり、どのくらい文字数を書いたら良いかがわかるでしょう。

最近は、Googleの評価が厳しくなっている傾向もあり、ライバルサイトもコンテンツ内容を充実させてきています。上位表示されているサイトは、1記事3,000文字、4,000文字というケースも珍しくありません。

初心者はどうするべきか?

上述のように、必要文字数は、キーワードの内容やライバルサイト、ユーザーを満足させることが大切という話をしましたが、最初から初心者がそれをやるのは難しい点があります。

そもそも、初心者は最初はなかなか記事が書けないという人も多いのも事実です。

そういう場合は、1,000文字から1,500文字を目安にして、ユーザーの役に立つ内容を意識して書いてみたら良いでしょう。

最初はなかなか書けないし、継続が難しい場合がありますが、数をこなせば慣れてきます。慣れてきた土台で、ライバルサイトの分析やキーワードによって文字数を考えることをしていけば良いでしょう。

1,000文字の記事を量産するには?

実際にトレンドアフィリエイトにおいては、記事の量産が必要な場合が多いです。

初心者は最初は記事の量産が難しい、どうしても時間がかかってしまうという人も多いとおもいます。初心者の文字数である1,000文字を効率よく量産するためにはどうすれば良いのでしょうか?

最初はテンプレート化をするのが良いでしょう。記事の執筆パターンを決めてしまえば、そこを機械的に埋めていくだけなので、慣れればスピードが速くなります。

テンプレート例

トレンドアフィリエイトの記事を作成するテンプレートの例は以下です。

  1. ネタに対する客観的説明
  2. ネタに対する一般的な意見
  3. ネタに対する自分の意見や考えなど

これで大体1,000文字はいくと思いますが、もし足りない場合は、同じネタを扱っている他のブログから意見や考えを参考にして、自分の言葉で付け加えると良いでしょう。

特にこのテンプレート例を守る必要はないですが、初心者で何を書いたらいいかわからない人は参考にしてください。

タイトルと内容は一致させる

どのサイトのコンテンツもそうですが、タイトルと記事の内容は一致させるのが重要です。記事のタイトルと記事の内容にズレがあると、ユーザーはすぐにサイトを離れてしまいます。

ユーザーがすぐにサイトを離れる、すなわち直帰率が高いと、Googleの評価が下がってしまいます。記事を量産すると、この点が曖昧になりがちですので気をつけましょう。

楽しく情熱を持ち続けること

マインドになりますが、非常に大切な点です。

どうしても成果をあげるとなると技術的な面にばかりフォーカスをしがちですが、記事を量産するうえで、メンタル面がきちんとしていないと途中で書けなくなる人は多いです。

トレンドアフィリエイトのネタ探しでも、最初は自分の興味、関心のある分野から始めてみるとか、ユーザーの反応が大きいものを深めていくとかして、工夫をしてみましょう。

記事もユーザーとのコミュニケーション手段にしか過ぎません。一方的なコミュニケーションだったり、中身が薄くなると会話はつまらなくなります。

記事の向こうにいるユーザーを常に考えながら、こんな言葉はどうだろうとかこんなネタはどう思うだろうかと創意工夫しながらやると楽しくなってきます。またあまり目先の報酬にばかりとらわれるとユーザーにそれが伝わってしまいます。

トレンドアフィリエイトも立派なビジネスなので、先ずは相手に価値を最大限提供することを念頭において、記事をつくっていきましょう。

まとめ

トレンドアフィリエイトに必要な記事の文字数については、一概にはいえませんが、ユーザーが満足する記事を書くことを、先ず第一に考慮すべきです。

Googleは、検索上位表示に文字数や画像の量は条件にならないと述べていますが、最近の傾向では、文字数を多めに書いて中身を充実させているサイトが、上位表示される傾向にあります。

初心者がいきなり何千と文字を書くことは難しいので、最初は1,000文字を目安に量産をしていきましょう。記事作成のテンプレートをつくったり、自分が書いていて楽しいと思えるネタから書くのも、効率よく量産するコツです。

[記事公開日]2018.04.13
[最終更新日]2018.08.06
[ライター]ワカさん