インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

トレンドアフィリエイトでのネタ選定は?どのネタを選べばいいの?

トレンドアフィリエイトにおいて、ネタの選定は非常に重要です。ネタの選定はアクセス数に密接に関係しており、この方法を間違えるとなかなか成果に結びつくことができません。

ネタ選びにはコツがありますので、初心者の方は最初しっかりと学び、やり方のコツを身につけましょう。今回は、トレンドアフィリエイトにおいてのネタの選定についてや、一体どんなネタを選べば良いのか、詳しく説明をしていきます。

トレンドアフィリエイトのネタ選定の方法は?

トレンドアフィリエイトにおいて、ネタの選定方法はいくつか存在します。以下まとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

旬の長さを区分する

トレンドアフィリエイトにおいては、キーワードの旬の長さを見極めることが大切です。よくアフィリエイト業界では、ショートレンジ、ミドルレンジ、ロングレンジという言い方をします。

この区分は、人ぞれぞれ定義が異なりますが、ここではショートレンジは1日から1、2週間程度の期間、ミドルレンジは2週間から3ヶ月以内、ロングレンジはそれより長期と定義して説明します。

先ずは、選んだネタのキーワードをこれらに区分していくことが大切です。トレンドアフィリエイトでは、ショートレンジをメインにし、ミドルレンジも時々交えて、ネタを選定すると良いでしょう。

最初にアフィリエイトサイトを開設したばかりであれば、Googleからの評価も高くないので、できるだけアクセスを集めるため、ショートレンジを多めにすると良いでしょう。

超ショートレンジも含める

ショートレンジよりさらに短い超ショートレンジというのも存在します。

これは速報系で、公になった瞬間にアクセスが跳ね上がるので、ニュースの鮮度があればあるほどアクセスは跳ね上がります。

そして、これからブームが来るであろうネタを予測して、選択をするという方法もあります。例えば、テレビやドラマなどはあらかじめ予告がされているので、ある程度予測してネタを選ぶことができます。

ごちゃまぜサイトは注意

とにかく、需要があるショートレンジを片っ端から記事にして分野をおかまいなしで、作成する人もいますが、注意が必要です。

理由は、サイト全体のコンセプトがぼやけてしまい、サイトの評価自体が低くなり、いつまでもショートレンジキーワードで記事を量産しつづける羽目になるからです。

つまりサイト自体が資産化できないということになります。

最初は仕方がないかもしれませんが、ある程度サイトのアクセスが集まったら、徐々に柱となるネタの分野を選定して、そこから広げていくやり方が良いでしょう。

必ずしもアクセス数が先ではない

これは、必ずしも皆が当てはまるわけではありませんが、記事を書くネタ選びの際には、必ずしもアクセス数が先ではないケースがあります。

もちろん成果を出すためには、ユーザーの需要が必須ですが、アクセスを爆発的に集めて稼ぐことのみにフォーカスをすると、継続することが難しくなる場合があります。

理由は、自分の関心のない分野ばかり情報を集めていることで、モチベーションが下がり、記事の質が落ちてしまうからです。

時には、自分の関心の強い分野のネタで「そのキーワードを検索する人はどんな情報を欲しがっているのか?」を軸にして記事を書いてみることも必要です。

自分が楽しく記事を書けている時は反応がすごくあり、アクセス数のみでネタを選択すると、記事のクオリティが低くなることは良くあります。

長期的に見て、自分がモチベーションを高く保って作業を続けたい場合は、ユーザーと自分の感情を先に考慮することも大切でしょう。

データを分析する

ネタの選定に迷ったら、客観的なデータを調べることも重要です。

例えば、検索件数の平均や、波、ピークなどを調べることや、検索上位のライバルサイトを見て、タイトルに使われているのが少ないキーワードを選ぶ方法もあります。

データを客観的に分析することで、今書くべきネタなのか、将来的に書くべきなのか、今は書かなくても良いネタかを判断することができます。初心者がキーワードを分析をする際には、Googleキーワードプランナーを使用しましょう。

アクセス数の判断は?

トレンドアフィリエイトはアクセス数が多ければ多いほど良いですが、もしGoogleアドセンス以外の広告も使用するのであれば、必ずしもアクセス数が多ければ良いというわけではありません。

物販や情報商材のアフィリエイトであれば、アクセス数よりも購買意欲が高い人を集めることが大切です。

例えアクセス数が少なくても、成約すれば報酬額が高いからです。

例えば、芸能人のスキャンダルネタでアクセス数を爆発的に稼いでも、保険などの広告を貼っても成果は上がらないでしょう。実際に無料ブログでも、1日に2,000アクセス程度でも、月に10万円を稼いでいるブログもあります。

属性を絞り、ターゲットに合わせたアフィリエイトをすれば、アクセス数にこだわる必要はないといえます。

トレンドアフィリエイトにおいてのネタの選定

トレンドアフィリエイトにおいてのネタの選定は、短期的にアクセスを集めることができるネタと、長期的にアクセスを集めていくことができるネタの2種類をバランス良くすることが大切です。

短期的なネタばかりにフォーカスをしていると、一時的な収益は上がるかもしれませんが、作業時間は減ることなく常に情報を追い求めて、記事を量産するだけとなります。

一方、長期的なネタは、すぐに成果はでないかもしれませんが、記事を書けば書くほど作業の時間が減るという現象が起こります。これは、資産型サイトをつくるための作業となります。

さらに、トレンドアフィリエイトでは短期的なネタでいろんな分野のものを扱う人も多いですが、徐々に資産型のサイトにするためにも、少しづつ関連性のあるものやネタに一貫性や専門性をもたせていくと、長期的に安定して多くの人が訪問してくれるでしょう。

まとめ

トレンドアフィリエイトにおいてのネタの選定の際には、ショートレンジとミドルレンジ、ロングレンジのネタをバランス良くすることが大切です。

さらに客観的にアクセス数などを分析したり、他のサイトのタイトルに使われていないものを選んだりすると良いでしょう。そして、検索数やアクセス数のUPだけにこだわらないことも大切です。

自分の関心の強いネタや長期的にアクセスが見込めるネタなども混ぜていき、将来的には資産型のサイトを作成する方向でいくと良いでしょう。

[記事公開日]2018.03.29
[最終更新日]2018.08.06
[ライター]ワカさん