インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

トレンドアフィリエイトのキーワード選定!キーワードの選び方は?

トレンドアフィリエイトにおいて、キーワード選定は非常に重要です。

キーワード選定を誤れば、いくら記事を量産してもアクセス数が上がらないという現象が起こります。特に初心者はキーワード選定の方法をしっかりと学び、実践していく必要があります。

慣れてくると、キーワード選定のスピードも上がってくるので、やり方を理解したら自分で成功パターンを掴み何回も繰り返して取り組んでいきましょう。

今回は、トレンドアフィリエイトのキーワードの選び方をくわしく解説していきます。ぜひ参考にして成果をあげていきましょう。

トレンドアフィリエイトのキーワードの種類について

ウェブサイトなどで、いくつかピックアップしたいネタやキーワードを集めて、どのくらいの期間のニーズがあるかを区分してみましょう。そして、これらのキーワードをバランス良く選定することが重要です。区分期間は、以下の4つが考えられます。

①超短期キーワード

これは、1日から一週間もしくは一瞬のニーズがあるトレンドキーワードで、例としてはその日の天気や火災事故、有名人の訃報など速報性があるものがこれにあたります。

一時的ではありますが、爆発的なアクセスが期待できます。

しかし使い捨てのような形になり、「記事を作成したら削除する」の繰り返しとなるので、このキーワードのみだとサイトのアクセスが安定しづらいという点があります。

※事故や事件ネタは、アドセンスの規約に違反しやすいので、旬の時期である1週間~2週間たったら削除します。

②短期キーワード

期間は1週間から1ヶ月ほど検索ニーズがあるキーワードです。

週刊誌に掲載される記事は、良い事例で、芸能人の熱愛、結婚報道や人気グループの解散などです。注意したい点は、事実かどうかしっかりと確認をすることが大切です。

もし、スクープでもそれが事実ではない場合、記事に掲載して削除せずにそれを残しておくと、サイトの評価を下げる要因となります。

③中長期キーワード

期間は1ヶ月から3ヶ月です。短期キーワードが世間に認知されて、数ヶ月間の間検索され続けるものを指します。

元々のキーワードから少しズレた形でブームになることが多く、すぐにライバルで一杯になるケースがあります。さらに1年、2年単位で、常に検索しつづけるキーワードも存在します。

例えばiPhoneとか仮想通貨、サッカー日本代表などは、ライバルも強力ですが、常に検索ニーズが高いキーワードです。

④季節キーワード

季節ごとに検索されるキーワードで、正月やクリスマスを始め、お盆、花見、インフルエンザなど、一定の時期に検索需要がのびるキーワードです。

初心者でも狙いやすいキーワードで、一度記事をつくると量産化しやすいという特徴がありますが、激戦区になりやすいです。

③と④のキーワードに関しては、Googleキーワードプランナーを使用して、そして月間アクセス数と、競合性を確認します。複合キーワード2語の場合で、1,000アクセスを目安にしましょう。

トレンドアフィリエイトのキーワード選定方法

以下、トレンドアフィリエイトのキーワード選定方法をまとめてみました。

ニーズがあるキーワードを探す

先ずは、GoogleやYahoo!などで、今需要があるキーワードを探していきます。

Yahoo!でいえば、Yahoo!リアルタイム、急上昇キーワードランキングなどで上位にあるものから探していくと良いでしょう。その他にも雑誌やテレビ、週刊誌などで探す方法もあります。

未来予測系のキーワードを狙う

未来予測系キーワードは、近い将来に話題になるであろうというキーワードで、例えば、○月に始まる新ドラマネタや、○月開催のオリンピックネタなどです。

世間の認知度が高まるにつれて、検索数も上がっていきますので、ある程度長期間の需要が見込めますが、外れることもあるので注意が必要です。

経験を積めば、将来どれが当たるのかはだんだんとわかるようになりますが、先を見据えた情報収集力と判断力が問われます。

キーワードは、人物を狙った方がよい!?

キーワード選定の際には、出来事などよりも人物を狙った方が良いという見方があります。

出来事は、オリンピックやW杯、入学式や成人式、イベントなどがあり、台風や花粉症、インフルエンザなどの季節ごとの現象もあります。

これらのキーワードは1ヶ月から3ヶ月くらいのアクセスを見込めますし、サイトのアクセスを安定させるためには使用した方が良いですが、公式サイトや専門サイトが必ず上位にいるのでライバルが強いという特性があります。

初心者の場合は、ライバルが強い出来事系よりも、人物系のキーワードを狙った方がアクセスが集めやすいといえるでしょう。

もう一つは、人物系の方が関連するキーワードが多いという点が挙げられます。また、出来事系と比較して、一度書いた記事が長くアクセスされ続けるケースが多いといえるでしょう。

虫眼鏡キーワードを狙う

虫眼鏡キーワードとは、Yahoo!の検索画面で最大10個表示される組み合わされたキーワードのことです。

実際にユーザーに一定のボリュームで検索されたキーワードなので、トレンドアフィリエイトに使えます。ただし期間が過ぎたものも表示されるので、それは選ばない方が良いです。

例えば「〇〇花火大会 2015」とか「〇〇花火大会 協賛席」などの既に花火大会が終わっているものについてのキーワードが表示されるケースもあるので注意しましょう。

ドラマや、ライブなどもいつ終了するのかを確認してから調べましょう。また公式サイトや専門サイトがある場合は、そのキーワードはなるべく避けた方が良いです。

ライバルサイトを研究する

これも大切な点です。特に初心者はライバルサイトが強いキーワードを選びがちです。

超短期キーワードや短期キーワードの場合は、いかに早く記事を作成するかが勝負です。実際にそのキーワードで検索してみて、すでにライバルが記事を書いている場合には難しいでしょう。

ライバルサイトの中身を見て、これは上回るコンテンツがつくれそうだなと思った場合は、取り組んでも良いですが、その際にはコンテンツづくりをよく研究する必要があります。

キーワード選定のテクニック「ずらし」とは?やり方も解説!

トレンドアフィリエイトのキーワードは、ライバルも多く参入するため、激選区になりやすいことが特徴です。

ライバルを避けてキーワード選定する方法は、「キーワードをずらす」ことです。

例えば「〇〇熱愛」というキーワードであれば、「〇〇熱愛+真相」、「〇〇熱愛+事実+時期」など2語、3語と関連あるキーワードを加えてズラしていきます。

これは無料のキーワードツールなどを使用すれば簡単に見つかります。

また、最初の記事を読んだ人が次にどんなキーワードを使って調べるのかを予測して、次のキーワードを決めるとより効率的に選定ができます。

例えば、「〇〇熱愛」というニュースが出てきたときに、そのニュースを見た人が、次に関心を持って検索するキーワードとして、「熱愛相手 写真」「熱愛相手 誰」などが考えられます。

まとめ

トレンドアフィリエイトでキーワードの選び方としては、いくつか方法があります。

GoogleやYahoo!で急上昇しているキーワードを狙ったり、そのキーワードを少しずらして、複合させたり、期間を区分して組み合わせたりする方法があります。

また実際の検索数を調べたり、競合サイトを調べたりすることも大切です。

サイトのアクセスを安定させるためには、短期的なトレンドキーワードばかりではなく、ある程度の期間ニーズがあり、ユーザーが定期的に訪問してくることも考慮して、キーワード選定をしていきましょう。

※正しいキーワード選定のためには、アクセスを集めることができるネタ探し先や探す方法が大事なポイントになります。

トレンドアフィリエイトで稼ぐために必要なおすすめのネタ探し先について紹介しています。

参考にしてみてください↓↓↓

⇒トレンドアフィリエイトでおすすめのネタ探しやネタ集め先はどこ?

[記事公開日]2018.03.14
[最終更新日]2019.03.03
[ライター]ワカさん