インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Googleアドセンスの自動広告とは?仕組みやメリット・デメリットなど

Googleアドセンスに、自動広告機能が導入されました。

この自動広告機能を使うことで、Webサイトの収益性はどのように変わるのでしょうか。今更聞けないアドセンス自動広告の仕組みについて解説します。

また、アドセンス自動広告を使うメリットやデメリットについてもまとめました。これからアドセンス自動広告を利用しようと考えている方は必見です。

Googleアドセンスの自動広告とは

Googleアドセンスの自動広告とは、2018年の2月にGoogleアドセンスに追加された新機能です。ここでは、Googleアドセンスの概要や仕組みについて解説します

自動広告について、概要

Googleアドセンスの自動広告は、その名の通りGoogleアドセンスが自動的にWebサイト内に広告を表示してくれる機能です。

Webサイトにソースコードを貼り付けておけば、Webサイトのあらゆる場所に広告が自動で掲載されます。

これまで、Webサイト内にGoogleアドセンスの広告を表示する際は、表示したい場所に手動でコードを貼り付ける仕組みでした。

また、掲載する広告ごとに広告コードがあり、手作業でかかる負担が大きいのが難点でした。

Googleアドセンスの広告表示の仕組みが分からなくて挫折してしまっていた方にとっては、このアドセンス自動広告の導入は朗報です。

自動広告の仕組み

Googleアドセンスの自動広告は、必要なコードを一カ所貼り付ければ、サイト内の最適な位置に広告が自動的に表示されます。

Webサイトの制作者にとっては非常に手軽です。その仕組みは、Googleアドセンスが持つ機械学習技術のおかげです。

Googleアドセンスの自動広告コードを貼り付けることで、GoogleアドセンスのAIが、ページ構成を把握します。

そこで、これまで掲載されていたGoogleアドセンス広告が検出され、レイアウトやコンテンツ量などの要素から自動的に広告を選んで、最適な場所に掲載してくれます。

しかも、この作業は1回限りではなく、Webサイトに変更を加えるたび、適宜サイト構成を分析して自動的に変更を検出し、最も適切な位置に広告を表示し直してくれます。

つまり、Webサイト制作者はたったひとつのコードを貼るだけで、もう広告表示はGoogleアドセンス任せにすればいいのです。

また、もし既存の広告ユニットを手動で配置していた場合も、Googleアドセンスの優秀なAIが広告を検知します。

アドセンス自動広告は、空きスペースの中から最適な位置に広告を配置するため、既存の広告ユニットを削除する必要はありません。

Googleアドセンス任せで、すべての広告をアドセンス自動広告にするのはもちろん、手動での広告掲載と併せて収益化を狙うのもいいでしょう。

アドセンス自動広告が導入されたことで、広告掲載の手軽さと自由度が大幅にアップしました。

自動広告で表示される広告

アドセンスの自動広告で表示される広告には、いくつかのフォーマットがあります。様々なフォーマットの中から、空きスペースに合わせた広告が自動表示されます。

ページ内広告

1. テキスト、ディスプレイ

ページ内のどの場所にも合う、最もシンプルな広告です。

テキスト広告は文字がベースの広告で、ディスプレイ広告は画像や動画などの視覚コンテンツによる広告です。

テキスト広告は、文字のみのサイトでも広告が浮くことがなく、クリック率が高いのが特徴です。

それに対して、ディスプレイ広告は写真やアニメーションなどの目立つバナーが表示されるため、インパクトがあります。

クリック単価はディスプレイ広告の方が高い傾向があります。

アドセンスの自動広告では、テキスト広告とディスプレイ広告の両方をサイトの構成に合わせて選び、自動的に貼り付けてくれます。

2. 記事内広告

記事内広告は、Webサイトの記事の段落間に配置される広告のことです。

コンテンツ間に調和するデザインで表示されるため、広告らしい見た目ではなく、自然とユーザーを広告先に移動しやすい効果があります。

記事内広告は、記事の段落間に配置されることで効果を発揮するため、十分な長さの記事がないと表示されません。

3. インフィード広告(モバイルのみ)

インフィード広告は、記事リストの間に表示される広告です。

また、リスティングフィードと呼ばれる、商品やサービスのリストの間にも表示できます。

サイトのコンテンツリストに馴染んだデザインで広告が表示されるため、広告が表示されていても違和感が少ないというメリットがあります。

そのため、広告のクリック率も高く、効果的な広告のひとつといわれています。

4. 関連コンテンツ(モバイルのみ)

関連コンテンツは、インフィード広告と同じくモバイルのみの機能です。

Webサイトの訪問者に関連性の高いコンテンツ広告を、Webサイトの既存コンテンツと関連付けて表示させます。

よく、記事下に「おすすめ記事」や「あわせて読みたい」など、おすすめの記事がピックアップされているWebサイトがありますが、この中に広告記事が入るのが、関連コンテンツです。

サイトの内容やユーザーの趣味に合ったコンテンツが関連記事として広告になるので、非常に効果的な広告といえるでしょう。

5. オーバーレイ広告

オーバーレイ広告は、これまで紹介した広告群とは異なり、ページに重ねて表示される広告です。

普通のアドセンス自動広告は、サイト内コンテンツの中に馴染んだ形で表示されます。

それに対してオーバーレイ広告は、ページ上に重なって表示されるため、ユーザーが自分で閉じる必要があります。

必ず広告を目にするので、ユーザーのクリックを誘発させることができます。

しかし、いちいち広告を閉じる必要性があったり、位置によっては誤クリックしてしまう可能性があるため、ユーザーにとっては不評でした。

オーバーレイ広告がアドセンス自動広告に対応したことで、手動では導入が難しかったオーバーレイ広告も、効果的に表示できるようになりました。

6. アンカー広告(モバイルのみ)

アンカー広告は、モバイルサイトの画面端に表示される広告です。

多くは画面の上部に掲載されますが、ユーザーにとって快適性や利便性を損なうと判断された場合は、ページ下部に表示されます。

アドセンスの自動広告で表示されるアンカー広告は、サイトの閲覧や操作の妨げにならないように表示されるので、間違った広告位置でユーザーにストレスを与えることはありません。

アンカー広告の位置も、コードを変更すれば下部に固定することができるなど、レイアウトの自由度も高いです。

7. モバイル全画面広告(モバイルのみ)

モバイル全画面広告は、ページの読み込み時に全画面に表示される広告です。

スマートフォンの大きな画面全てを使って広告を表示するため、インパクトは抜群です。

自動広告で表示されるモバイル全画面広告は、ページを離れる際の読み込みで表示されるので、ストレスも少ないです。

また、ユーザーの快適性を保つために、モバイル全画面広告の回数は制限されているので、しつこく全画面広告が表示されることもありません。

自動広告の設定方法

アドセンス自動広告の設定方法は非常に簡単です。

まずはGoogleアドセンスにログインして、自動広告の開始を選びます。

インフィード広告や記事内広告など、どの広告タイプを表示するかを選ぶと、広告コードが表示されます。

このコードをコピーして、Webサイトの<head>タグ内に貼り付ければ設定完了です。

ソースコードを貼り付けてからだいたい10分から20分程度で自動的に広告がWebサイト内に表示されます。

アドセンスの自動広告のメリット・デメリット

自動広告のメリット

アドセンスの自動広告最大のメリットは、これまでいちいち手動で行っていた広告配置作業を、全部自動で行ってくれることです。

Googleアドセンスの機械学習機能が最適な位置に広告を掲載してくれるので、これまで頭を悩ませていた広告の位置や量を考えなくてもOKです。

これは、サイト運営の手間を大幅に短縮してくれます。

自動広告のデメリット

アドセンス自動広告を導入すると、意図せぬ場所に広告が表示されることがよくあります。

そのため、サイトのデザインやレイアウトのバランスが崩れてしまうのがデメリットです。

少しでも空間があると、その部分に広告が入り込んでしまうこともあるため、機械学習機能の精度はまだまだ改善の余地がありそうです。

また、表示される広告数が多過ぎて、かえってクリック数が落ちてしまうというケースもあります。

自動広告を使う場合の注意点

いくら自動といっても、アドセンスの自動広告は、導入すれば勝手に収益が上がるわけではありません。

特に注意したいのが、広告が表示される数です。

自動だからといってあまり考えずに広告表示をONにすると、ページ内の広告が増えすぎて、ユーザーにとって見づらいページになってしまいます。

アドセンス自動広告を使う際は、パソコンとモバイルの両方からWebサイトを確認し、必要な部分だけ広告が表示されるように調整しましょう。

まとめ

Webサイトの運営者にとって、Googleアドセンスの自動広告は待望の新機能です。

これまでアドセンス広告の掲載時に悩んでいたさまざまなポイントが、すべてGoogleアドセンス側で自動的に判断してくれるので、広告掲載が非常に楽になりました。

実際にアドセンス自動広告をつかうことで収益が上がっているWebサイトが多く、広告効果も抜群です。

ただし、効果的に収益を上げるためには、ある程度の調整も必要になります。

アドセンス自動広告に頼りきりにせず、Googleアドセンスの仕組みをしっかり把握して使うことが大切です。

[記事公開日]2018.10.11
[最終更新日]2018.10.15
[ライター]首藤