インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

トレンドアフィリエイトで10万円稼ぐために必要な記事数は何記事?

トレンドアフィリエイトにおいて、月に10万円を稼ぐためには、何記事書けば良いのでしょうか?これは様々な意見があると思います。

人によっては、記事数は少なくても大丈夫という人もいれば、ある程度の量は必要という意見もあります。ただ一般的にいわれている基準があるのも事実です。

今回は、トレンドアフィリエイトで10万円稼ぐために必要な記事数や、効率よく稼ぐ方法を解説していきます。

トレンドアフィリエイトで月10万円を稼ぐために必要な記事数

トレンドアフィリエイトで月に10万円稼ぐためには、ある程度の記事数が必要です。

Googleアドセンスを収益源として、クリック単価やサイトのPVに対するクリック率を計算すると、自分が何記事書けば良いかおおよそわかります。

月10万円達成のための記事数の目安

一般的なトレンドアフィリエイトでは、芸能ネタやテレビドラマ、ニュース関連のネタが扱われ、広告はGoogleアドセンスを利用する人が多いです。

Googleアドセンスのクリック単価は、1クリック15円から40円程度が相場です。クリック率は、PVに対して1%が平均といわれています。(もちろん広告の種類や配置にもよります。)

そうなると、月30日換算で月10万円なので、1日3,400円収益を上げる必要があります。1クリック20円とすると、1日170クリックが必要です。

クリック率が1%だとすれば、1日あたり17,000PVが必要ということになり、1日あたり17,000PVということは月間50万PVが必要という計算です。

1日17,000PV上げるためには、目安として1,000文字から1,500文字の記事を、200から300記事は必要なケースが多いでしょう。

しかし、これには個人差があります。ネタやキーワード選定、コンテンツの中身などによって差が出てきます。中には100記事で10万円を達成できる人もいますし、1,000記事かかる人もいます。

全ては、ユーザーに関心を持たれる記事や役に立つものを提供できるかにかかっているといえるでしょう。

目安は3ヶ月で300記事

これも人によりますが、一般的なパターンでは、多くの人が1日3記事を書いたとして、1ヶ月目は1日50PV、月間1,500PVで報酬約400円弱。

2ヶ月目合計180記事、1日300PV月1万PVで、月2,500円の報酬。3ヶ月目合計300記事、1日17,000PV月50万PVで、数万円から多くて10万円。こういうパターンが多いといわれています。

2ヶ月目から3ヶ月目に急にPVが伸びて、報酬が増えるというパターンです。最初はなかなか伸びないで苦しい時期もありますが、ある時期からサイトの評価が高まり、認知度も上がってきて報酬が増えるパターンです。

300記事を超えて、400、500記事になるとドメインも強くなり、サイトに安定感が出てきます。他のライバルサイトからも認知を受けて、リピートして訪問してくれる人も出てくるでしょう。

逆に3ヶ月で300記事書いて1日1,000PV以下であれば、やり方を変える必要があります。

アクセスがなかなか伸びないということは、グーグルとユーザーの評価が低いということなので、評価されるように変えていかなければいけないのです。その場合は、キーワード選定、タイトル、記事の書き方を再度見直してみましょう。

初心者は最初の100記事を目標に

全くのトレンドアフィリエイトの初心者であれば、最初の100記事をまず目標にしてみましょう。

1日2・3記事を目安に、書いていけば、月100記事は達成できます。100記事までは、Googleからの評価も低いので、なかなか土俵にあがれません。

100記事を超えたところで、徐々に狙ったキーワードで競合相手と戦えるようになります。

効率よく報酬を上げる方法

どうせやるのであれば、できるだけ少ない記事数で効率よく稼いでいきたいと思う人は多いと思います。300記事は、確かに一般的な目安ですが、もっと少ない記事数で成果を挙げている人がいることも事実です。

ではそのためには一体どうすれば良いのでしょうか?以下まとめてみました。

サイトに一貫性を持たせる

トレンドアフィリエイトでは、爆発的なアクセスが期待できますが、アクセス数にばかりフォーカスをしているとサイト自体の一貫性がなくなり価値が下がるケースがあります。

最初はアクセスを上げるために、一貫性をそこまで意識をする必要はありませんが、徐々に慣れてきたらサイトの方向性をある程度絞っていくと良いでしょう。

記事の質を上げていく

ある程度記事が書けるようになったら、次は記事の質を上げるように意識をしましょう。

記事の質は、「タイトルのつけ方」や、「ユーザーにとって価値のあるコンテンツ」かをチェックし、その精度を上げていくということです。

ライバルサイトのコンテンツ内容も見て、内容的に上回れるように意識をしましょう。

分析→改善をする

ただやみくもに記事を上げるだけでは、効率よく記事を生産できません。

  • どの記事が反応が良かったのか?
  • その原因は何か?

を分析して、次の記事に生かすということも大切です。

自分の得意なネタやジャンルを見つけて、そこから徐々に広げていくのも、効率よく記事を作成できます。

自分が興味を持てる分野であれば、自然と力も入り、文字数も増えて充実したコンテンツになります。ぜひサイトや記事の客観的な分析も検証してみましょう。

実績を挙げている人を真似る

これも重要なポイントです。

少ない記事で月10万円の実績を挙げている人は、それなりに理由があるはずです。その人のやり方を真似ていくのも非常に有効です。

特にネタの選定方法やキーワード選定方法、記事の書き方について、ぜひ参考にして盗んでみると早く結果が出るでしょう。

広告も工夫をする

サイトに貼り付ける広告も工夫する必要があります。単価が比較的低いアドセンスのみならず、他のASPの広告も活用していきましょう。

Googleアドセンス用のサイトは基本として運営しながら、他に物販や情報商材などの成約単価が高いサイトも作ると収益が安定していきます。

質の高い記事を作成すれば、情報商材などの報酬単価の高い商品を売ることも可能になり、記事数は少なくて済みます。

徐々に特化型サイトへ移行する

ウェブサイトの世界において、強いサイトはやはり専門サイトや特化型ブログです。

ユーザーは困った時には専門家に聞きたいという心理があるため、効率よく稼ぐためにもサイト自体を「浅く広く」から「深く狭く鋭く」していくと、熱烈なファンがつきやすいです。

「この分野であれば、あの人だな」と思ってもらえるように、自分の専門性を持ち、徐々に知識も深めて、他にはない特化型のサイトを作れるように意識をしていきましょう。

オリジナル性を出す

どの商品でもそうですが、アフィリエイトサイトにおいてもオリジナル性があるとユーザーやGoogleから評価を受けます。

他にはない独自性は、ライバルとの差別化になります。そのためにもインプット力や情報収集力を高めて、コンテンツ力を日々研究して磨いていきましょう。

ある程度サイトが安定してきたら、自分の理念やビジョンなども織り交ぜて熱烈なファンを作っていきましょう。

まとめ

トレンドアフィリエイトにおいて、月10万円を稼ぐための記事数はこれといった数は存在しませんが、一般的に300記事が目安といわれています。

300記事を書いて、報酬額があまり伸びない場合は、やり方を変える必要があります。記事数が少なくても成果を大きく挙げているサイトも存在します。

それはコンテンツ力があったり、サイトを専門家していたり、サイトに貼る広告を工夫しているなどの特徴があります。

最初は記事を量産してやり方をつかむ必要がありますが、徐々にコンテンツ力やあるテーマに特化したサイトづくりをすることは非常に重要です。

[記事公開日]2018.04.28
[最終更新日]2018.08.06
[ライター]ワカさん