インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

トレンドアフィリエイトでおすすめのネタ探しやネタ集め先はどこ?

トレンドアフィリエイトに取り組む場合は、記事を書く際のネタを探す必要があります。できるだけ効率よく探して、爆発的にアクセスを集める必要があります。

今ユーザーがどんなネタに関心があるのかを的確に掴みながら、ネタを探す際にも時間をかけずに探すことが大切です。ネタ探しに時間をかけすぎては、記事を量産することができません。

今回は、トレンドアフィリエイトでおすすめのネタ探しや、ネタ集め先はどこなのかというテーマで、解説をしていきます。

トレンドアフィリエイトでおすすめのネタ探しやネタ集め先

トレンドアフィリエイトにおいて、記事のネタ探しは、基本的にウェブサイトからリサーチをしていくと良いですが、初心者の場合はどこから探して良いかわからないケースがあります。

そこで、以下におすすめのネタ探し先をまとめてみました。

ニュース関連

先ずは、鉄板ともいえるニュース系から紹介します。ニュース系は、大きく分けて4つあります。

1. Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/

日本では、一番有名で、ダントツの閲覧数を誇ります。月間100億PVを超え、国内では、影響力が凄まじいサイトです。特にトップ画面のトピックスは非常にユーザーの注目度も高く、トレンドアフィリに使えるネタばかりです。

トレンドアフィリのネタ探し先としては、必須ともいえるサイトで、ユーザーのニーズを掴む上でも毎日欠かさずチェックしておきたいサイトといえるでしょう。

2. livedoorニュース

http://www.livedoor.com/

知名度はYahoo!ニュースには劣りますが、ニュースの数が非常に豊富です。ネタ切れやネタに困ったときには非常に助かるサイトです。ニュース数が豊富なので、どのネタがアクセスが集まりやすいか判断する能力は必要でしょう。

意外と掘り出しもののネタがあったり、国内、海外、芸能、トレンドなどのカテゴリー別になっているので探しやすい点も長所です。

3. 産経ニュース

http://www.sankei.com/

時事ネタや事件関係に強いニュースサイトです。

ニュース情報の更新も早く、注目度の高いネタを探すことができるので、アクセスの爆発が期待できます。特に「速報」というカテゴリーはおすすめです。

右側のアクセスランキング上位ニュースも、爆発的なアクセスを呼び込めることが多いです。

トレンドアフィリエイトは、芸能、エンターテイメント関係を取り上げる人が多いので、時事ネタや事件関係に強くなっておくと、ライバルとの差別化が可能です。

※トレンドアフィリエイトで事件ネタを取り扱いときは、NGネタやNGワードがありますので、注意が必要です。

4. LINEニュース

https://news.line.me/about/

LINEの公式ニュースアプリです。あまりトレンドアフィリエイターにチェックされていないので、掘り出し物が多く見つかるでしょう。若者をターゲットにしている人や、スマホユーザーを取り込みたい人はおすすめのニュースです。

Twitter関連

下記にTwitter関連のサイトをまとめました。

1. Yahoo!リアルタイム検索

https://search.yahoo.co.jp/realtime

Yahoo!リアルタイム検索では、TwitterのツイートやFacebookの投稿を検索することが可能です。さらに検索結果で、検索ワードの投稿一覧を見ることも可能です。

Yahoo!リアルタイム検索では、「ツイート数の推移」、「感情の推移」もチェックでき、鮮度の良いネタを探すことができます。

リアルタイム検索のトップ表示される「話題のキーワード」トップ20は、かなりの確率でアクセスを集められる可能性があり、トレンドアフィリエイトでも十分活用出来るでしょう。

2. ついっぷるトレンド

https://tr.twipple.jp/

Twitterで話題になっているネタを仕入れることができます。

こちらは、ニュースサイトよりもTwitterで話題になったネタが早くキャッチでき、特にテレビネタをリアルタイムで収集できる点が良い点です。ライバルよりも早くネタを仕込んで記事を作成したい場合には、重宝するでしょう。

3. ついっトレンド(Twittrend)

https://twittrend.jp/

今まで紹介してきたサイトは、主に首都圏の情報を集めたサイトですが、ついっトレンドでは、話題になっている各地域のTwitterトレンドを確認することが可能です。

ランキングが一覧でチェックできますし、国内の主要都市の話題ネタも豊富です。

2ch系

2ch系もいち早くトレンドを抑えることが可能です。以下、2ch系でおすすめのサイトをまとめてみました。

1. 2NN

https://www.2nn.jp/

2chで話題の最新ニュースが、リアルタイムで表示されており、ランキング形式にもなっています。掲載更新の頻度も高く、掘り出しネタを探すことも可能です。

ただし、信ぴょう性の低いネタも混ざっているので、選ぶ際には注意が必要といえるでしょう。

2. 2chまとめのまとめ

http://2chmm.com/

テレビやニュースに取り上げられるネタがここから使われることもあります。話題を先取りできますが、よく情報を確認して使用すると良いでしょう。

個人情報などの情報はグレーゾーンですので、取り扱いには注意ですが、例えば「インドで超話題独占の〇〇」などのネタは使えます。

雑誌系

雑誌もトレンドネタを探すにはうってつけの媒体です。サイトでも閲覧ができるので、ぜひ活用したいところです。

1. 雑誌のオンライン書店

http://www.fujisan.co.jp/

会員登録をすると、5千冊を超える雑誌の立ち読みができ、1冊無料で読めてしまうのでおすすめです。ジャンルが広くて、カテゴリーも細分化されています。

掘り出しネタが拾えることも多いので、ぜひ定期的にチェックしておきたいサイトです。

2. 雑誌の新聞

http://www.zasshi.com/

主要雑誌の詳細な内容をチェックできるサイトです。発売日の前日の内容をチェックできるため、いち早くネタを収集することができます。

内容も速報系のネタなので、使えるネタがあるでしょう。

3. 各週刊誌のWebサイト

FRIDAYデジタル、女性自身、週刊新潮、週刊文春Webなどのサイトから、芸能人、政治家のゴシップネタが拾えます。見出しだけでも使えるのでぜひ参考にしてみてください。

その他のサイト

その他には、テレビ番組表や、Q&Aサイト、ランキングサイトなどがあります。

1. Yahoo!テレビ

https://tv.yahoo.co.jp/

ネタ探しの王道といえます。トレンドはテレビの影響が依然として大きいので、テレビネタはアクセスが見込める場合が多いです。ネタを先取りできるので、速報ネタとしても使えるでしょう。

テレビ番組表は、トレンドアフィリエイトの鉄板といえるネタなので、ぜひしっかりと押さえておきましょう。

2. Yahoo!知恵袋

https://chiebukuro.yahoo.co.jp/

こちらも鉄板サイトです。ユーザーの悩みや願望を知る上では非常に便利です。検索窓にキーワードを入力すると、件数が多い順番に表示されるので、そこから狙っていくと良いでしょう。

3. So-netブログランキング

http://blog.so-net.ne.jp/_contents/popular_articles/0001.html

ライバルサイトが、どんなキーワードで記事を書いているかを調べることができます。アクセスを集めているサイトのネタやキーワードがわかるので、便利です。

ただし、速報系のキーワードは、旬が過ぎている場合があるので注意が必要です。

まとめ

トレンドアフィリエイトは、ネタ探しの際に押さえておくべきサイトがあります。トレンドなので、ジャンルにこだわらず、とにかくネタを早く抑えるのがコツです。

時事、ニュース、芸能、スポーツなど、どの分野でもユーザーのニーズを的確に押さえ、すぐにブログに記事としてアップできるかが勝負です。

最初はとにかく、注目度の高いものからどんどんチョイスしていきましょう。慣れてくれば、どのようなネタがアクセスを呼び込めるかがわかってきます。

ただし、情報の信ぴょう性だけはよく確認してから、ネタにすることをおすすめします。

[記事公開日]2018.02.27
[最終更新日]2018.11.19
[ライター]ワカさん