インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

稼げるアフィリエイターを目指す方への最新情報

インターネット上でのビジネスにチャレンジする際、主婦やサラリーマンなど老若男女問わず、気軽にリスクなくチャレンジできるのがアフィリエイトです。副収入やお小遣い程度で活動しておられる方も多く、また、本業として取り組んでいるアフィリエイターも数多くおられます。アフィリエイト活動を行っていると、自然にWebマーケティングの知識も付いてくるので、Web上で展開するあらゆるサービスに対応する事も可能になって来ます。当ページでは稼げるアフィリエイターを目指す方向けに最新情報を掲載してまいります。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは、企業や個人などが販売している商品やサービスを、自分のWebサイトやブログ、SNS、メールマガジンなどにリンクを貼って宣伝し、商品・サービスが売れた場合、成果報酬を受け取ることができるシステムです。販売者側からすると、自社商品やサービスを、アフィリエイトという方法で広告宣伝を行っていることになります。アフィリエイトを行っている人のことをアフィリエイターと言います。アフィリエイトは、パソコンとインターネット環境さえあれば、場所や時間を選ばすに作業ができるため、副業として行っている人もいます。

アフィリエイトの歴史

アフィリエイトの歴史を紐解くと、そのビジネスモデルは、アメリカが発祥であると言われています。Windowsが初めて発売された翌年の1996年、米国Amazon.comが始めたアソシエイトプログラムが、アフィリエイトのそもそもの始まりだという説が有力です。また、この年、アメリカのLinkShareが、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)としての業務を開始しました。

アフィリエイターとはどんな職業?

アフィリエイトとは、自身のWebサイト、ブログ、SNS、メールマガジンに、起業や個人の商品やサービスを宣伝して、成果報酬を受け取るビジネスモデルのことを言います。そして、アフィリエイトを行っている人をアフィリエイターと言います。もともとアメリカが発祥ですが、日本では、1999年、Value Commerce(バリューコマース)が初めてアフィリエイトプログラムの提供を開始しました。2017年現在、アフィリエイター人口は500万人以上にも増え、年々増え続けています。

アフィリエイターになる方法と手順

アフィリエイターの仕事は、自身のWebサイト、ブログ、SNS、メールマガジンに、起業や個人の商品やサービスを宣伝して、成果報酬を受け取ることです。手軽に始められることや、自由な時間に仕事ができること、在庫を抱えないなどのメリットがあり、アフィリエイターの人口は毎年増え続けています。ネット上には「簡単に稼ぐことができる」と謳っているサイトもありますが、実際はそんなに簡単ではありません。某アンケート調査によれば、アフィリエイトで1か月の収入は「1000円未満」と答えた人が約40%でした。しかし、しっかりしたノウハウを身に着けて継続することで、多くの人が月収100万円以上を実現しています。ここでは、実績を上げることができるための方法と手順をご紹介します。

アフィリエイターの月収と年収について

アフィリエイターはコストをかけずに手軽に始められることから、その数は年々増えており、2017年現在、500万人ほどのアフィリエイターがいると言われています。その中で、アフィリエイターの収入は二極化しています。ネット上では「放置していても稼げる」「不労所得」とも言われていますが、実際は、手をかけなければ月収5,000円にも満たないことが多く、手をかければ月収100万円以上も夢ではない、ということになります。以降、2016年に行った某アンケート調査の結果を踏まえて、お話しして行きたいと思います。

アフィリエイターに必須なスキルとは

アフィリエイターは「誰でも簡単に稼ぐことができる」と謳われていますが、実際は利益を得ることはそう簡単なことではありません。ネット上の競合商品やサービスの中で、選ばれるためには、商品を熟知し、売れるサイトを作ること、売れるコピーを書くことが大切です。そのために必須なスキルをご紹介します。

アフィリエイターの将来について考えてみた

スマートフォンが登場して以来、その普及率の増加とともに、EC市場も拡大してきました。ユーザーがいつでもどこでもネットでショッピングができるようになると、各企業は数多くの競合がいる中で、いかにしてネット上で商品やサービスを売るかに注力するようになりました。これによりアフィリエイターの活動範囲や可能性なども大きく拡大していたのではないかと思われますが、実際の所はどうなのでしょうか?その辺りについて考えて行きたいと思います。

アフィリエイターの次に目指す所はどこ?

アフィリエイターは、自身のWebサイト、ブログやメールマガジンを通して、企業や個人の商品やサービスを宣伝して成果報酬を受け取る仕事です。実績を上げてきたアフィリエイターであれば、マーケティングのスキルを持ち合わせていますから、Webプロモーションは得意とする分野になります。さらに、情報商材のアフィリエイターであれば、セールスコピーのスキルも持ち合わせており、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の知識も取得しています。アフィリエイターが次に目指すとすれば、これらのスキルを生かして、WebコンサルタントやWebマーケッター、Webプロデューサーなどを目指すという可能性が考えられるでしょう。その他に、これまでの経験をそのまま生かす方法として、アフィリエイターを養成する商品の販売という方法なども考えられます。極めるのも一つの方法です。